527

それでも私は色んな形を組むッ!!

by
きゃらめる(repair)
きゃらめる(repair)
先折GTR、弥生時代。
最近ではこの土台が多くのユーザーを獲得しています。
次いで後折りGTR、鍵積み、だあ積みといったところでしょうか。

あなたはどんな土台を組みますか?



一つを究めることで圧倒的な強さが手に入る


全てはこの一言に尽きます。
どんな土台であっても、その土台を究(きわ)めた人は相当強い。
先折GTRならまはーらさん、弥生時代ならTOMさん、だあ積みならしょたぺろさん。
高度な中盤戦に、安定した本線火力を発揮します。
開幕速攻のくまちょむさんはまた別枠です。

初めから組む形を決めることにより、あとはどの手順で組むかだけ考えればいい。
ましてや、ぷよぷよなんてある程度のパターンに分けられるから、土台の手順もツモごとにほぼ固定。
そりゃ強いっす。

誰かが書いていた、脳のリソースが何とかってやつ。
土台を固定すれば、そこへのリソースはほぼゼロ。
全部相手の画面凝視に注げます。

なんなら、土台構築の間ずっと相手の画面を見ていられるくらいに。

そんなわけで、一つを究めるとかなり強いです。



土台の特性はじゃんけんと同じ


これも誰かが言っていたことで、ぷよぷよの戦術ってじゃんけんみたいなものなんです。
相手が速攻型なら超効率本線が強いし、中盤重視なら中盤大きめの連鎖を打つ人が強い。
大き目な中盤を打つ人には本線ぶっぱが強い。本線ごり伸ばし(すきあり)には潰しが刺さる。

土台も同じ。
折り返しを固めてフィールドを広く使うなら先折GTRはかなり優れているし、開幕時の立ち回りでは弥生時代が強い。
速攻を打てるだあ積みやfron積みは相手の急な攻撃にも比較的対応しやすい反面、やや伸ばしにくい。
どれも一長一短で、長所しかない土台は今のところ知りません。
もっとも、究めた人は土台の短所を感じさせないくらいの強さを発揮しますが。

ペルシャのような、明らかに制約の多い土台はともかくとして。
結局、土台って好みだと思うんです。

今は何となく先折GTRが最強みたいな風潮ですが、先折GTRが強いんじゃなくて先折GTRを使っている人が強いって話で。



強さにこだわり続ける=精神の消耗が激しい


ぷよぷよは対戦ゲームなので、勝敗がつきますね。
そうなってくると、誰もが強さを求めて彷徨うわけです。

「楽しく遊べればそれでいい」

本心でしょうが、楽しく遊ぶために一定の強さは必要です。
そして、心の奥底にはもっと強くなりたいという願望が残っているのではないでしょうか。


でも、強くなるための練習ってあんまり楽しくないんです。
テスト勉強と同じで、気分次第では楽しいときもあるけれど、全体を通してみると我慢が多い。
ストイックな人ほど自分を厳しく律するから、ぷよぷよがゲームというよりも学問みたいになっていく。

強さにこだわり続けたり、追い求めすぎると苦行をこなすことになりかねないです。

※ごくまれに、大した努力もせずにものすごい強さを手に入れる人もいます。そういうのは突然変異だと思っています。



私は今後もいろんな形を組み続けます


強さを手に入れたい気持ちはあります。
でも、ここまで書いたように精神的な負荷が大きい練習をやって、それでもぷよぷよが楽しいと言える自信はないです。
だから、急いで成長よりものんびり成長ルートを選択することにしました。

いろんな土台を組み続けて、やがてすべての土台を究める。
いつかの配信で口にしましたが、どんな土台も安定して組める、土台のチュートリアル的な存在になっていこうと。



とか色々書いたけど、シンプルにいろんな土台を組めたほうが楽しいっていうのと、エンターテイナーなのでみていて楽しい連鎖を組みたいっていうきもちが強いだけです。
理由は全部後付け。

でも、ペルシャを組む時って実は楽しませようとか楽しもうって思ってなくて、ツモ的にペルシャが組みやすそうだからって理由……。
楽しませようと思って組むのはデアリスとか連鎖尾全部同時消しとか、そういう華やかなやつです。

これからも色んな土台を組んでいこうと思います。
そろそろ宇宙に手を出すか……
更新日時:2018/12/08 11:51
(作成日時:2018/12/08 11:48)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア