143

2019.5.3 京都a-cho大会の思い出

by
春川凪ぐ
春川凪ぐ
京都a-cho大会の思い出を書きます。

前日に京都入りしました。
とりあえずa-choへ!
そして、初めてぷよ通のACに触りました。
なんか、あのぷよの感じとか、消えるときの溜め、みたいの、好きです!

大会の方は、元々観戦のみで申し込んでいましたが、みいつさんに、せっかく遠方からいらっしゃるなら、腕前など気にせず出場してみては?と言っていただいていたので、直前まで悩んでいました。
まぁでも、失うものないでしょ!ってことで(本当は少しある)、初中級、一般共に参加することになりました!

そしてなんと、初戦の1本目が全消し戦で、しかもその1本を取ったのです。
まず、2連全消しを落ち着いて取ることができたこと、大会で、1本取れたことが、とてもとても嬉しかった!
あと、何試合目か忘れましたが、配信用の筐体に当たった気がするのですが、そちらも2連全消し取れた・・・!(しかしそのあとはグダグダ)

過去、ぷよクロの対戦ですが、1連全消しを逃した前科があるので、成長したなと感じました。笑

組み合わせが発表されるときの緊張感とか、決勝戦のドキドキとか。
大会は楽しいですね。
勝てるようになったら、もっと楽しいのかな、と思います。

はじめましての方に話しかけていただいたり、久しぶりの方々に会ったり、「去年、ももけんさんに会うためだけに道場に来た人!」と覚えていてくださった方がいたり。

食事会は、なんかすごくお洒落なところで、楽しくて美味しくて、こういうのがずっと続けばいいのにな、って思いました。

私にとって関西は、異国の地のようなところだけど、温かいところでした。
また来ます。


そして最後に。
今回、大会出るように後押ししていただいた、みいつさんとSumireさんにはとても感謝しているのですが、みいつさんが研究室締め出されてなかなか大会に現れなかったり、終わってからSumireさんに、「大会出た方がいいよと言ったものの・・・」みたいな反応されたときには、ズッコケました!笑
更新日時:2019/05/12 12:48
(作成日時:2019/05/12 12:48)
カテゴリ
対戦会
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア