1383

ネクネクが見える人

by
すのー
すのー
注:筆者もできていないことの記事を書くので事実と若干のずれがある可能性があります。

 「ネクネクが見える人」という言葉を見たことがある方はいるでしょうか。多くの人・場合は盤面と1手先の手を参考にツモを置いているのに対し、ネクネクが見える人は盤面と2手先の手を参考にツモを置いています。
 どういうことかを簡潔に書くと、俗に言うネクネクが見える人は
①ぷよをツモり高速落下させる
②ネクネクの位置に新しく出現するツモを視認する
③ぷよを左右に操作・回転させ、落下させる
という流れでぷよの置く位置を決め、置いています。

具体例を挙げてみましょう。初手ABCCのツモで、先折りGTRを狙う場合とします。
対戦開始前に見えるのはこんな情報。初手青赤、2手目黄黄です。


ここから先折りGTRを狙うならこの2パターンを選ぶ人が多いと思います。
今回はこの想定で話を進めます。


さてネクネクが見える人はどうするかといいますと、初手を下キーだけ入れて高速落下させます。すると3手目のツモがネクネクに現れます。


3手目までを見る限り、赤を3、青が4列目になるように置いた方が上手くGTRを組めそうだと判断し、1手目の高速落下の途中で右に1度入力、左回転を1度させます。


これがネクネクが見える人の操作例になります。もし1手先、ネクストまでしか見えていなかったら、1手目は右に1回転だけして高速落下し、その後の形が変わることでしょう。


まとめるとこのような動きになります。①の段階でネクネクを視認して、どこに置くか決断して操作が間に合うようにしないといけないので与えられる時間はとても短いです。


高速の判断速度が求められる技術ですが、習得を考えてみてはいかがでしょうか。
必須テクではないかもしれませんが、慣れないうちは一瞬手を止めてみたり、「~~のツモだけ」のような限定的な状況の採用でも一考の価値はあると私は思っております。
 
更新日時:2019/07/02 00:41
(作成日時:2019/07/01 20:49)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
すのー
すのー
2019年7月2日 0時38分

確かにGTRを組む初手はいろいろあるので断定っぽい口調はよくないですね、言葉を直します。
今回私は最速で置く場合のことを書きましたが、手を止めるのもひとつの手段ですね。

のりのり
のりのり
2019年7月2日 21時37分

https://ishikawapuyo.net/simu/pv.html?_oGGkAg
見えない人はこうすればいいんですけどね

すのー
すのー
2019年7月2日 22時48分

それもひとつの答えですね
こんな記事書いときながら実際私もそうしてますw

コメントするにはログインが必要です
シェア