870

土台考察

by
つみ
つみ
1.GTR

折り返しの上で多重折りなどを狙う場合、「クッション色」を意識すると良形が組みやすいです。
GTRの場合、クッション色は基本的に一色です。
 
図1-1
4段目の緑がクッション色
図1-2
緑をクッションに
 
GTRの中の色と3列目3段目の色が同じだとクッション色は2色あります。
 
図1-3
黄色と緑の2色がクッション色
図1-4
ショートカットはできなくなるので注意
 
手順の注意として、初手ABACツモのときに図1-5のように組むと、ちぎらずに組むには2列目に赤青のハチイチが必ず必要になります。
図1-5

また、初手AAABツモのときに図1-6のように組むと、ちぎらずに組むには1列目に青以外のいずれかのゾロが必ず必要になります。
図1-7のようにしてしまうとジュウロクイチが必要になります。
 
図1-6
図1-7
 
ぷよぷよのゲームバランスの観点から、土台は速攻(2トリ等)を返せるように、連鎖の得点が大きい4連鎖から5連鎖以上の連鎖が土台に必要になります。また、ぷよぷよは通常4色でプレイされることからも、土台が4色程度でできていると均等に組みやすいです。以上より、土台は3段程度が好ましいと考えられます。一方、連鎖の構築の観点からも、挟み込み型の連鎖には最低でも3段は必要になります。「発火点部分が平ら発火点部分3列が平らで、即発火できる」ことを要求すると、発火点はL字の形をしていなくてはなりません(2列が平らなら新GTRのような横3も)。加えて、発火点部分を摩擦の小さいフィールドの端につくることと、暴発の危険が少ない挟み込み型の連鎖にすることを要求すると、条件を満たす形はGTRに限られます。しかし、「即発火できる」や「挟み込み型の連鎖である」などの条件を外せば、GTRにはない長所をもった土台が存在します。


2.fron積み

ここでは図2-1をfron積みとして考察します。
fron積みはクッション色が2色あるため、多重折りが組みやすいです。
「基本的にキーぷよが抜けている」という点も、中盤のしやすさにつながる長所といえます。
 
図2-1
fron積み
図2-2
図2-3
 
図2-2、図2-3の形もクッション色が2色ありますが、fron積みはこれに加えて「キーぷよを1列目と2列目の両方に置ける」という長所があります。
※図2-3は図のままだとほぼfron積みの劣化になりますが、3列目3段目に黄色を置かなくてもいいという点で差別化できます。

さらに、fron積みは階段型の連鎖なので、鶴亀型の同色連鎖が可能です。
図2-4
fron積みによる同色連鎖

座布団L字も同色連鎖が可能ですが、fron積みには座布団L字にはないいくつかの長所があります。
 
図2-5
fron罪は暴発しない
図2-6
座布団L字は暴発する
 
図2-7
fron積みは座布団が敷ける
図2-8
座布団L字は座布団が敷けない
 

3.座布団L字

座布団L字はGTRの階段型版ともいえる連鎖ですが、GTRにはない長所を多く持っています。
図3-1
座布団L字

座布団L字は同色連鎖が可能で、その場合もクッション色が2色になります。
 
図3-2
クッション色2色
図3-3
この場合もクッション色は2色
 
GTRと異なり、2列目3段目にある色は1列目にあっても構いません。
fron積みのようにキーぷよを2か所に置けるという性質を持っています。
 
図3-4
青は1列目でもいい
図3-5
この場合もショートカットが可能
 
この性質により、2列目のキーぷよを使った伸ばしがしやすいという長所をもちます。
 
図3-6
2列目の青を使っても伸ばしやすい
図3-7
 
図3-8
3列目3段目のぷよは後からも置ける
図3-9
 


参考になれば幸いです。
更新日時:2019/09/16 13:34
(作成日時:2019/09/01 22:31)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア