183

子供にいいとこを見せたい お父さんのためのぷよ講座 第八回 負け方の話後編

by
ヌリトオ
ヌリトオ
自分の負け方を振り返ることは、
相手の勝ち方を知ることと同義。

そして自分の勝ち方を振り返ることで、
どう相手の勝ち筋を潰したかも見える。

負け方の振り返りが前回の話。
https://puyo-camp.jp/posts/158448
そして次は勝ち方のお話です。
前回ぶりです。ヌリトオです。


相手のうっかりミスでも、
細かい連鎖が刺さったでも、
火力でしっかりと勝ったでも、
どうであれ勝ちは勝ちです。
現在の自分のレベルでも、
タイミングによっては、
勝利を掴めたりする。
それが大事なこと。


自分がどうにか勝てた形というのは、
負けた形の裏返しという場合もあり。

自分が勝てたときに、じゃあ相手はどうするべきだったのか、
ということを考えると、自分の敗因と向き合うことにもなる。

そういうわけで、たまたまでもなんでも、
勝てたときにはどういうことが起きたか。
自分で理解できる範囲での振り返りです。


1,飽和連鎖力で上回る
 勝因:そこそこに連鎖が組めて、
    相手からの妨害は少なく、
    しっかり撃ちきって勝利。
 参考:自由に伸び伸びと動ける状態にしていては、最大火力の勝負になる
    最大火力を上げる練習をすること
    最大火力を撃たせない中盤戦の練習をすること
    必要技術は、凝視や催促、催促後の対応など

撃ち合ってちゃんと勝つという、
見た目も派手な気持ちいい勝利。
しかし連鎖力を伸ばさなければ、
撃ち合っても勝てないわけです。


2,本線を撃たされるも、相手が伸ばしをミスる
 勝因:相手の催促に対して、
    副砲の用意がなかったため本線を発火。
    しかし相手が本線を伸ばしきれずに、
    撃たされた本線で火力勝ち。
 参考:本線を撃たされる、というシチュエーションは必ず起きるので、
    撃たされる本線であっても最大火力を上げる練習をすること
    催促に対して打つ手なしということにならないように、
    本線発火率を上げる練習をすること
    必要技術は、連鎖力の向上や緊急発火、相手の連鎖数を計るための凝視など

催促で相手の本線を撃たせて、
その間に自分の本線を伸ばし、
連鎖数で上回って勝ちを掴む。
定番の勝ち筋なわけですけど、
伸ばす技術は必須になります。


3,小さい連鎖が刺さる
 勝因:本線がまだ物足りないものの伸ばしがスムーズでなく、
    空いたスペースで撃った小連鎖への対応を相手がミスる。
    相手の発火点が埋まったところを追い打ち。
 参考:凝視をして狙って相手の発火点を埋めたわけではないので、タイミングはたまたま。
    しかしそのタイミングをたまたまでなく狙う技術が身につけば、おそらく勝率は上がる。
    凝視で掴むべきポイントは、
    相手の発火点が細い(緊急発火しにくい形、ネクネクまで発火点の色が見えないとか?)かどうか、
    相手が副砲を持っているかどうか、本線の最大火力が十分かどうか、など?
    必要技術は、凝視とか凝視とか凝視とか、中盤戦の駆け引きなど

タイミングよく相手の発火点を埋められれば、
小さい連鎖でも致命傷になる場合があります。
しかしそのタイミングを狙うのが大変な技術。
なにより相手の盤面から状況を把握するには、
相手が何を狙っているかの理解力を要します。
その型、技術をまず自分が知らねばならない。
そこは時間をかけるしかないところでしょう。


4,相殺からグダグダになるも、押し切る
 勝因:本線の撃ち合いでうまい具合に拮抗。
    お互いにセカンドの構築力が低く、
    3~5連鎖くらいを撃ったり撃たれたりで押し切る。
 参考:自分も含めて、GTRなどの折り返しや大連鎖の練習から始めると、
    セカンドの練習は後回しになりがちな気がする。
    時間リソースの考え方から高く積むカウンターを作るのは、
    セカンドのみならず全消し戦でも使える形であろうと思う。
    セカンドの撃ち合いであっても、
    相手の形や連鎖数の見切り力をつけること
    早期決着力で必要な速攻の型を練習することは、
    短時間で火力を上げるセカンド効率と同種の技術かなと
    必要技術は、落下速度やちぎりに配慮した操作、セカンド効率など

火力勝負に持ち込めたとして、
そこで終わりではありません。
圧倒的に負ければ諦めもつきますが、
接戦ならばそこからは短い撃ち合い。
お互いに少ないぷよリソースを、
いかに効率よく使っていくのか。
判断力の速さ、操作技術の速さ、
時間を意識した戦いが必要です。


5,変な速攻がたまたま刺さる
 勝因:うっかり操作ミスなどでうまくGTRが組めなかったときに、
    飽和を伸ばし切るのは難しいと開き直って撃った連鎖が刺さり、
    相手が対応しきれないまま強引に押し切る。
 参考:GTR失敗から連鎖を組みなおすので、
    初めから速攻狙いならもう少し早く綺麗な形になるかも。
    相手もGTR土台の途中なら、副砲がない場合がある。
    速攻で埋められたら困るポイントがあるのを把握しておくこと
    速攻を撃たれた場合の対応を練習しておくこと
    必要技術は、凝視や早期決着力、副砲の構築力など

たまたま速攻の様な形で相手を崩せても、
たまたまであれば再現性は低いままです。
速攻で狙うべきタイミングが見えたうえで、
2ダブやイバラが撃てるようになるならば、
それは戦術の幅を広げることになりますね。


「最大火力」「見切り力」「早期決着力」「本線発火率」「セカンド効率」
というスタッツの五角形があるわけですが、一度に全部は練習できません。
関連して、並行して伸びる部分は勿論あるとは思いますが、
まずはある程度の目標を絞ってやっていきたいところです。
練習におススメの記事や動画があればご指導くださいませ。
結論としては、とりあえず練習しましょうってことですね。

次回は、今更ながら連鎖の分類について考えてみるお話。
あまり期待はしないで楽しみにしていてくだされば幸い。
作成日時:2022/05/27 00:07
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア