104

連鎖尾手順を考えてみる その6

by
ヌリトオ
ヌリトオ
先折りGTRのY字横3の場合の、
低い段での連鎖尾を見てきました。

次はいよいよ横2に入ります。
前回ぶりです、ヌリトオです。


横3の検討は、

 XX
XXX
CCC
XXX

のような4段を基本として考えましたが、
横2ならばぷよの数が一つ減りますので、

 YY
YXY
XXX
CCX
XXX

上記のイメージで、
Xの凸状の型を基本として、
第二折り0段目を平らにするため、
Yのような連鎖尾を足すよう意識します。


2段目までをCを含む3色で作る場合、
想定される組み合わせはこんなとこか?

  B
AAA

  A
AAB

  B
AAB

  A
ABB

  B
ABB

  A
ABA

  B
ABA

例によって、

  A
BBB

などのAB入れ替えは除外します。


先は非常に長そうですが、
ひとまずは上から順番で。

  B
AAA土台でいきますか。

図1

 CC
CBC
BAB
CCB
AAA

図2

 CC
CBC
BBA
CCB
AAA

図3

 CA
CBC
BBC
CCB
AAA

図4

CB
BCC
ABC
CCB
AAA

図5

 DA
BBD
DDB
CCB
AAA

6列目が低い形や4色連鎖尾もありますが、
ひとまず参考程度にと並べておきましょう。


見ていくのはシンプルな形の図1で。

 CC
CBC
BAB
CCB
AAA

図1の1段目から置ける2手の配ぷよは、
AAAB、AAAC、AABB、AABC、AACC、
ABAA、ABAB、ABAC、ABBC、
ACAA、ACAB、ACAC、ACBC、
となります。

1段目がAの横3なので当たり前と言えばそうなのですが、
1手目にA色を含まない配ぷよの受け入れが全然ないです。

逆に、1手目にAを含む配ぷよのうち、
18通り中13通りが可とも言えます。


1段目の同色横3と2段目のCの横2を、
速やかに組むためには配色の偏りが必要。
来ればやるけど無理して狙わなくてもと。
作成日時:2022/11/11 21:54
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア