248

潜り込みの構造を整理してみよう その6

by
ヌリトオ
ヌリトオ
GTR横3Y字スタートの変形でしたが、
デアリスみたいな消え方を前回見ました。
折角ですのでその流れで基本に立ち返り、
ちゃんとしたデアリスも見ときましょう。


青の横3の後に紫のS型挟み込みがあり、
6列1段目に潜り込ませた赤をJ型にして、
4,5列目に緑を2個潜り込ませておくのが下記の形です。



さて、ではデアリスで検索して出てくる形はというと、



青の横2の後に紫のJ型階段があり、
4,5列1段目に潜り込ませた赤をS型にして、
6列目に緑を1個潜り込ませておく形になりますね。

そしてこれはご存じの通り、



S型とJ型での連続潜り込みが成立します。
手順はさておき、型の構造については、
もう特に説明はいらないですね。


しかしそれで話が終わっては芸がありません。
さてそれでは、他に同類の型はないだろうか?

S型スタートもJ型スタートも、
他にもありそうじゃないですか。



これだって紫はS型で赤の潜り込みだし、



これだって紫はJ型で赤が潜り込みです。

デアリスと同じ構造で積み上げられるかどうか、
ちょっと試してみましょうか。




まずこちら、6列1段目に赤が潜り込んでいるので、
それをJ型で回収しつつ、4,5列にぷよを潜り込ませる。
その上は、4,5列潜り込みをS型で回収しつつ、6列目に潜り込ませる。
あとはそれを繰り返していきます。



いやこれ、繋がるはまあ繋がりますけど、
3段目から上が見事に全て1連結ですね。
連鎖尾側を崩しての対応手が全く無いと。
ある意味美しいかもしれませんけれども、
実戦ではどうにも扱いにくい形でしたね。


では次。



こちらは、4,5列1段目に赤が潜り込んでいるので、
それをS型で回収しつつ、6列目にぷよを潜り込ませる。
その上は、6列潜り込みをJ型で回収しつつ、4,5列に潜り込ませる。
あとはそれを繰り返していきます。



これもなんというか、上の方は連結が少ない。
というか、そもそも基本的なデアリスが既に、
上部での連結が少ない形になっていましたね。

うまく組めたとして、相手からは非常に凝視しにくいでしょうが、
自分もその形を積む為ののーみそリソースが大変なことになるし、
連鎖尾側では本線連鎖尾以外のなんにもならないという苦しい形。

潜り込みの理解のために練習するとしても、
5~6段目くらいまでは積めるようにして、
その上は別の形を狙う方が良さそうですね。
作成日時:2023/12/28 21:37
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア