3103

多分一番早くガチ勢になれるルール『ぷよぷよ(別名:初代ルール)』のご紹介

by
ポン酢
ポン酢
 

誤字脱字はご容赦ください。


――――――――――――――――――
多分一番早くガチ勢になれるルール
『ぷよぷよ(別名:初代ルール)のご紹介

――――――――――――――――――


もしこの記事を見ている方々が、精神的にガチ勢の道を通ったプレイヤーであれば思い出してください。
土台の形に拘らず、とにかく『折り返し』を求めていた日々や『連鎖数』を求めていた日々を。
ゲーム購入直後から折り返しが組めた人や、更には10連鎖以上の二桁連鎖が組めた人も中にはいるでしょう


もしも、この記事を見ている方々が、
ぷよぷよを購入したばかりであったり、単にぷよぷよのソフトが家にあるだけの方だったならば…
『ぷよぷよはとにかく同じ色のぷよをとにかく4つ固めて消す!
 2連鎖でれば御の字!、3連鎖出れば神!5連鎖最強説あるな!』

というプレイで終わっているはずです。

ぷよぷよを持っていない方の場合は先ずそこから始まるというものです。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
時は2018年4月、突然のぷよぷよプロ化、公式対戦ルールには通ルールが採用!
フィーバーやスキルバトル無事終了!笑い

たまたまその放送やイベントの事を目にした耳にした一般通過ネット民の中には
「ぷよぷよというゲームを始めてみてもいいかも・・・!」
と考える人もでています。

一方で、前述の折り返し、二桁連鎖、当然の如く飛び交う催促潰しの技術の必要性…相当の練習時間
90年代初めのゲームを今もプレイヤーが切磋琢磨しているか??この界隈…
ガチ区域へは二の足を踏む状況なのは間違いない


まぁ、実際には、長年プレイしてても二桁連鎖行かない人や、
自称催促・潰し等の『撃てば不利になるプレイ』等が数多くあるので
(ハイパーブーメラン)
ネットで戦えるようになるまで相当時間をかけて上達しなきゃいけない…!
と意気込む必要は皆無なのですが(๑╹◡╹๑)



…それでも
「習得時間が短くても、前線で戦えるぷよぷよをしたい!」
という人、朗報があります

世間で知られているルールである【ぷよぷよ通】ではなく、
【ぷよぷよ(別名:無印、初代)】ルール
コイツがぴったりです。




―――――――――――――――――
何故今『初代ぷよ』ルール?
―――――――――――――――――

初代ルールは『通』ルールより前のルールであり、大きな相違点に
 ・相手の攻撃量(おじゃまぷよ)を自分の攻撃量で減少させる【相殺】システムが未実装
が挙げられます。
 

他にも
 ・全消しによるボーナスポイント(30個降らせるヤツ)がない
 ・ネクネクぷよ(操作しているぷよの次の次のぷよ)予告表示がない
 ・クイックターン未実装
があり、戦術に関わる相殺以外での相違点としては
 ・おつり機能(12段目までに落ちたおじゃまぷよの数だけ予告ぷよが減少する。アンチカウンターシステム
もありますが、とにかく通との違いは


 相殺が無いということ。必要最大連鎖数が5連鎖までということ
折り返しも、12連鎖も要らないんです。(折り返しはあってもよいけど)

―――――――――――――――――――――――――――――
そして、昔から受け継がれるプレイスタイル
―――――――――――――――――――――――――――――


そのプレイスタイルとは…
ぷよらーであれば言わずと知れた【階段積み】さらに言えば階段5連鎖】スタイルです。
有名どころか、【かいだんづみ】【はさみこみ】(その一部が鉤積み)については、セガぷよ公式の名称でもあります。
※ちなみに初代ぷよコミュニティでは、
 インド人を右にする本記載の【ズラース法】という名称を使用していますが基本形は同一です

【階段積みの基本系】
縦に同じ色のぷよを3個つなげ、その左右のどちらかに1個以上のぷよを分けて置いておく形
私的には、ドミノ倒しのほうがイメージがよりしやすいかもかもしれん

親の顔より見慣れた土台


階段積みのやり方については、
新旧WIN版ぷよぷよフィーバープレイヤーであったald_gさん壱大整域(ぷよぷよ講座 階段積み)
これを見た方が早いです。





―――――――――――――――――――――――――――――
初代勢はひっそりと対戦相手を待ち望んでいる
―――――――――――――――――――――――――――――


実は、この『初代ぷよ』ルールにもネット上であればそれなりにプレイヤーがいますし、
(AC対戦やネット対戦方法は、ネット検索で調べてみてください。)
当たり前ですが、対人通プレイヤーが乗り気であれば、十分な対戦相手となります。

ちなみに、プレイヤーでないにもかかわらずこのルールを知っている層がいます。

それは【ぷよm@s】に他なりません。
ゲーム「ぷよぷよ」を題材にしたim@s架空戦記シリーズの1つ とのこと ※作者は介党鱈P

初代ぷよルールの周知に関しては、
一部の層がご存知の【ぷよm@s】と呼ばれるアイドルマスターファンメイド動画の功績が大きいです。
私のリア友はアイドルマスターのPだったので、ぷよm@sを見ていましたし、喫茶マウンテンも知っていました。(えぇ…)
ここで使用されているぷよぷよのルールが、初代ぷよなのです。
その結果、この動画を見ていた人から派生して初代ルールプレイヤーのコミュニティが出来、
初代ルールに沿った対戦戦術も開発されていきました。

通やフィーバー、だいへんしんよりも後になってから戦術技術が練磨されていったケースです。
【ぷよ通】が世に出たことで、初代ルールの対人技術は止まってしまったんですね
(๑╹◡╹๑)<だいへんしんなんてもっと練磨されてないんだよなぁ…
どうせフィバその2ルールだし



とはいえ、技術の向上前から使用されていた『初代ルール』中の階段5連鎖スタイルは、
2018年においても基本中の基本であり、更には初代勢上級者であっても多用されています。
それが、土台や中盤等が開発され続けていく通ルールとは大きく異なるのです。


それに、現行の初代ぷよの技術は
通ルールでの序盤・速攻保持系土台や、追い打ち同時消し土台としての使用価値も十分にあります。
それを理解した通の初中上級プレイヤーの一部には、初代勢の波に突っ込んでいった例もいます。



階段5連鎖で最前線に立てるぷよぷよライフ
ぜひ試してみませんか!!!!!!



 
更新日時:2018/06/05 13:52
(作成日時:2018/06/03 23:09)
カテゴリ
初心者向け
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア