923

【高速操作】ぷよぷよ初心者初級者がマスターすべき素早いぷよの操作方法

by
せんじゅ
せんじゅ
うも、自宅が絶賛停電で実家に避難中のせんじゅです。マジ台風すごかった・・・


さて今回は、
ぷよぷよの基本とも言える操作方法を解説したいと思います。


えっ?
レッスンモードでもやったから
◯ボタンで右回転、×ボタンで左回転、そのぐらいは知ってるって?


ご安心ください。
この記事ではさらに一歩踏み込んで
『高速落下しながら意図したところに置く方法』を解説します!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆目次☆

1、はじめに
2、置き方別の難易度
3、実際の置き方
4、最後に


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


1、はじめに

ぷよぷよをする上で操作は、
画面を見なくても確信を持って置きたい場所に置いた
と思えるくらいスムーズに置けるようになっていることが重要です。

操作に意識が割かれてしまうと、それだけで脳のリソースが減るので
無意識レベルで置けるようになるのが理想です。




2、置き方別の難易度

最初に知識として知っておきたいことがあります。

出てくる組みぷよは回転ボタンを押した時に動くぷよと動かないぷよがあります。
動くぷよを子ぷよと言い、動かないぷよを軸ぷよと言います。



ぷよぷよの組みぷよは必ず軸ぷよが下で出てきます

(上が子ぷよ、下が軸ぷよ。上記の画像で言えば、黄色と紫が軸ぷよ。)


以上の点を踏まえると、ぷよぷよのフィールドへの置き方は

・1〜6列目縦置き(軸ぷよ上と下の2パターンずつ)
・1、2列目横置き(軸ぷよ左と右の2パターン)
・2、3列目横置き(上に同じ)
・3、4列目横置き(
上に同じ)
・4、5列目横置き上に同じ)
・5、6列目横置き上に同じ)


の22パターンあります。


これを私の感じる難易度でランク分けすると、以下のようになります。


難易度激甘 ☆

1列目縦置き
3列目縦置き
6列目縦置き

1、2列目横置き

2、3列目横置き(子ぷよ左)
3、4列目横置き(子ぷよ右)
5、6列目横置き



難易度甘口 ☆☆

2列目縦置き
5列目縦置き



難易度中辛 ☆☆☆

4列目縦置き


難易度辛口 ☆☆☆☆

2、3列目横置き(子ぷよ右)
3、4列目横置き(子ぷよ左)



難易度激辛 ☆☆☆☆☆

4、5列目横置き(子ぷよ右)


難易度デスソース ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4、5列目横置き(子ぷよ左)


となります。




3、実際の置き方

以下操作ボタンはPS4基準とし、
右回転は◯、左回転は×として記述します。
任天堂系列のハードの方は◯→A、×→Bと読み替えてください。


順番に見ていきましょう。




難易度激甘 ☆

ぷよぷよの仕様として、
ぷよが現れる前に横キーを押しっぱなしにしておくと
ぷよが現れた瞬間に入れた方向の一番端の列にぷよが一瞬で移動します。

現れた後に横キーを押しっぱなしにしてみたときと比べてみてください。
地味に時短テクニックです。

それを利用します。

・1列目縦置き(左押しっぱ→下(&◯2回))

 
・6列目縦置き(右押しっぱ→下(&×2回))
 
上下を逆にしたいなら回転を入れないでください

・3列目縦置き
・1、2列目横置き

・2、3列目横置き(子ぷよ左)
・3、4列目横置き(子ぷよ右)
・5、6列目横置き

そんなに言うことはないです。
下4個も上記の置き方に◯か×を1回加えてください。




難易度甘口 ☆☆

ここからは少しテクニックが必要です。
その名も「壁蹴り」

見てもらった方が早いので以下の動画をご覧ください。

・2列目縦置き(左押しっぱ→下&×2回、もしくは下&×◯)

   

・5列目縦置き(右押しっぱ→下&◯2回、もしくは下&◯×)
   

最初に解説した横押しっぱを行うことで
1列目もしくは6列目からぷよが落ちてきます。

その1列目の左の壁もしくは6列目の右の壁に
子ぷよを叩きつけるように回転を1回入れることで
軸ぷよが2列目もしくは5列目に移動します

あとは子ぷよの上下を決めてあげて落とします。

コツは、壁を蹴って軸ぷよを移動させた後に
横キーを入れないことです。

この壁蹴りまでは比較的簡単にマスターできると思います。


壁蹴りの応用として、ぷよの壁ができている時にもこの方法は使えます。

 


難易度中辛 ☆☆☆

・4列目縦置き(一瞬右キーを入れて落とす)
 
これはもう、慣れです

下を押しながら、右キーを一瞬だけ押して離します。
触る程度でいいです。

あんまり長く押してると
ぷよがあらぬ方向にいって大惨事になり得ます。

上下を入れ替えたい場合は◯か×どちらかのキーを2回押します。




難易度辛口 ☆☆☆☆

上記の置き方に回転キーを1回足します。

・2、3列目横置き(子ぷよ右)

 

・3、4列目横置き(子ぷよ左)
 

この辺りになると私でも1日に数回はミスります。


難易度激辛 ☆☆☆☆☆

上記とやることは同じなのですが、
右の壁の距離が長く、リカバリーが効きにくいのでランクを1つあげました。

4、5列目横置き(子ぷよ右)

 


難易度デスソース ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まっっっじでむずいです実戦で使えません助けてください

4、5列目横置き(子ぷよ左)(右押しっぱ→下&◯3回もしくは下&◯××)

 
置き方としては動画のように壁蹴りを入れてから
回転キー2回(計3回)なのですが、
接地するまでに操作が間に合わないんですね。


この置き方に限らず、4列目が絡む操作は
難しく操作ミスが頻発します。




4、最後に

ここまで、高速落下をしながら素早く操作をする方法を紹介しました。

とはいえ、これは基本の置き方ですので
上級者の置き方とは違うこともあります。

上級者はネクネクを見ている関係上、
ぷよがフィールド半分くらいまで落ちてから操作を入れる、
というのもしばしば見受けられるので
そういった置き方の解説も是非増えてほしいなと思う次第です。


たかが操作、されど操作。

こういった基本の基本に立ち返る記事も増えてほしいです。

 
作成日時:2019/09/13 20:13
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア