8795

ぷよぷよeスポーツのPVを見てSEGAに対する意見

by
TS
TS
どうも、TSです。

ついにぷよぷよeスポーツなるものが正式に発表されましたね、そしてPVも公開されました。

自分の中では、20th以降何もかも想像の斜め下を行くSEGAに対して強い不安を持っていたわけですが、今回の事を大雑把にまとめると

・PS4とSwitchで出る
・価格は1999円
・収録ルールは通とフィバの2つ
・オフライントーナメント機能有
・キャラは24名、ぷよぷよクエストからも出てくる

という事でした。さてここで、今回特にメインとして掘り下げたい事を言います。
それはキャラクターについてです。

まず今回発表されたPVの中で判明した24キャラを見ていきましょう
※PV:https://www.youtube.com/watch?v=3MLL5b1aev0
・アルル
・アミティ
・あんどうりんご
・シェゾ
・シグ
・ささきまぐろ
・ルルー
・ラフィーナ
・りすくませんぱい
・アリィ
・すけとうだら
・ラグナス
・ウィッチ
・ハーピー
・セリリ
・ドラコ
・サタン
・カーバンクル
・アレックス
・シエル
・スルターナ
・ヘド
・ホウライ
・ハルトマン

ふむふむ、なるほど……あれ?クルークは?エコロは?レムレスは?フェーリは?????

どうやら、SEGAさんはファンのニーズを本当に理解できていないようですね


【24キャラ縛りは必要なのか?】
ぷよぷよというゲームではなにかにかけて24という数字が使われます。語呂合わせでぷよにできますからね、2月4日はぷよの日なくらいですから。
さて、24キャラ縛りはいつから始まったのでしょう。
フィーバー:16キャラ
フィーバー2:21キャラ
15th:23キャラ
7:19キャラ
20th:24キャラ

実は意外に最近でした。とはいえ、20thは赤いアミティや黒いシグ等亜種キャラもあるため厳密には24キャラではないのですが

だがこれ以降完全に24キャラで固定化され、後は声違いだけである。

さてさて、SEGA作のぷよキャラは今までで合計して40キャラを超えます。それぞれにファンはとても多いですねえ、フィーバー2といえばあやしいクルークやこづれフランケンやおしゃれこうべ等、とても深いストーリーを感じさせるキャラクターが数多くいました。フィーバー2をプレイした方々はこの深い世界観にどっぷりはまったのではないでしょうか、事実、SEGAぷよの二次創作物、特にプリンプ組のキャラクターたちの多くはこのフィーバー2を基準として作られている。それだけあの世界観が愛されているというわけである。しかしフィーバー2のキャラは回を増すごとに次々とリストラ、今や安定して出てくるのはシグとアミティとラフィーナ、eスポーツには出ていないキャラも入れればリデルとクルークとレムレスとフェーリとさかな王子とアコール先生くらいである。

おかしいだろう!!!!!!!!!
今回出てこなかったキャラがどれだけ人気だったのか知っているのか公式は。そのキャラが出ないという事はそれを理由にソフトを買わない人だって普通に出てくるんだぞ!!!!!!!!!!!!!!!!スマ〇ラを見てみろ!!!スト〇を見てみろ!!!!!!!!!!どんだけキャラ数劣ってるんだよ!!!!!!!声違い作る暇があったらプレイアブルのキャラ数倍に増やせや!!!!!!!!!!!!!!!!

【ぷよぷよのファンは対戦ゲーマーだけなのか?】
ぷよぷよのファンには確かに多くの対戦ゲーマーたちがいる。
最近のぷよぷよ公式はeスポーツ化に伴い対戦方面に力を注いでるようです。とてもいいですねえ。だがそれ以外の方面をまるで見ていない。見ているとしたらぷよぷよクエストだろう。だがそれ以外にも、対戦ゲーマー以外にも、下手したらそれよりも多くのファンがいる。それはぷよぷよのキャラクターに対するファンである。
そしてそのファンの多くが持っている不満は「ストーリーが単調でつまらない」「キャラ崩壊が多すぎて見てられない」である。近年特にひどいのはシェゾやアミティだろう。下ネタが多すぎて下品に成り下がっている。

何が言いたいのかというと、SEGAは対戦ゲームの事ばかり見るあまりキャラゲーとしてのぷよぷよの価値を見誤っている。このゲームにはゲーム自体はあまりやらないけどもこのゲームのキャラクターや物語、そして奥深い世界観に惹かれたファンもとても多いのである。

【1人のファン目線から見たぷよぷよが売れるには】
ぷよぷよというゲームがなぜ人気になったのか、もちろんそれは「ぷよぷよ」や「ぷよぷよ通」といった大人気タイトルのゲーム性としての完成度があったからだろう、だがそれだけではない。ぷよぷよの原作ポジションにある「魔導物語」というキャラクターそれぞれの個性が際立ち、壮大な世界観とストーリーに惹かれたファンたちもいたからである。大量の魅力的なキャラクターで人気になったぷよぷよクエストを開発したSEGAならよくわかっているはずだろう。

キャラクターだけのゲームは確かにゲームとしてスッカスカかもしれないが、逆にゲームだけでキャラクターを蔑ろにしているゲームも人気になりにくいのである。だからゲームとしてもキャラクターとしても魅力的でなければぷよぷよはどこまでいっても売れない上に既存の客は喜んでくれないのである。いくらeスポーツという名目で出すタイトルでも、キャラゲー人気としてのぷよぷよを捨てるというのは如何なものなのだろうか。

だからセガよ、いや細山田Pよ

頼む、24キャラ縛り撤廃してくれ!!!!!!!!!!!DLCでもいい!!!!!!!!!頼むから!!!!!!!!クルークやエコロやレムレスフェーリデルタルタルを!!!!!!!!!!!キャラリストに入れてくれ!!!!!!!!!!!!そしてフィーバー2並に濃いストーリーを作ってくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
更新日時:2018/09/21 01:02
(作成日時:2018/09/18 20:29)
カテゴリ
日記
コメント( 16 )
16件のコメントを全て表示する
TS
TS
2018年9月21日 13時6分

「売れれば」ですがね、人質商法で過去に大炎上した癖に細山田Pは何を言ってるんだって気持ちもあります。

クリッター
クリッター
2018年9月21日 14時48分

多分それが凡人が考える一番儲かる方法でしょうから良さそうですね。

mafuyu
mafuyu
2018年9月23日 5時41分

まじで、DLCあるの!?
ってか、マジでキャラ選ぶの下手あよね。

コメントするにはログインが必要です
シェア