833

A級になる方法を考えたPart.1【脳のリソース編】

by
えとら
えとら
【追記(2018/12/4)】
''全てのぷよプレイヤーに共通する強くなるための方法''というタイトルにしていましたが、初心者には難しい内容になっているので、''A級になる方法を考えた''に変更します。
そして、この攻略記事は、ぷよすぽレートでいうと1800以上、対人経験があってとこぷよで10連鎖組める方向けになってますのでご了承ください。
なお、これとは別に初心者向けの記事も投稿を予定しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、プロの卵界最弱の男ことえとらです。
1万時間でプロになるっていう企画をやっています。→ youtubeチャンネル
そういえばぷよ歴ってあんまり紹介してないですね。

簡単に説明すると、初プレイが半年前くらいで、今年の九月あたりにとこぷよ10連鎖安定し始めて、最近ではC級の方と連戦して勝てるようになってきました。
あまりしませんが、ぷよすぽのレートでいうと2300前後ですね。

そんな僕が今回自分の成長や上級プレイヤーの方々の記事を読み漁って気づいた
全てのレベルのぷよプレイヤーに共通する上達方法を紹介します。
とはいえ、中級者にも満たない奴の言うことなんて信用しないでください()

というか、違うなら違うとコメントしてくださるとありがたいです!

はい、本題に入ります。

早速ですが、結論からいうとその上達方法とは、、、

対戦中の脳のリソースを増やすことです!!!

え?どっかの記事でみたことあるって?
そんなことキニシナイキニシナイ(・・;)

2連鎖しか打てない人も10連鎖打てるようになった人もレート3000超えの人もそこにある実力の差は脳のリソースの差なんです。

ここでいう脳のリソースとは、無意識にできる技術の数のことです。
これはスポーツに置き換えるとわかりやすいでしょう。
サッカーでも野球でもバスケでも卓球でも普段の練習では同じことをしますよね?
ドリブルだったりパスだったりシュートだったり素振りだったり、、、
それは何のためにやるのかというと、試合本番で無意識に安定して動けるようになるためですよね?
そして、無意識にできることが一つ増えれば試合中に他のことを考える余裕が生まれるわけです。(なので試合はそれを試す場とも考えられます)

それをぷよぷよで考えると、階段積みやGTRを覚えることも、連鎖尾を覚えることも、凝視を身に付けることもその他の技術も全て。
結局何をやっているかというと、
対戦中の脳のリソースを増やしているわけです!

おそらくmomokenさんやまはーらさんレベルだと、対戦中ほとんど脳みそ使ってないんじゃないかと思います。
対戦中に今日の夜ご飯は何にしようとか考えていたり、、、w

まあそれは冗談として、ぷよぷよの単純な強さって
対戦中に脳をいかに使わないかの差だと結論づけます。

んで!その考えと上級プレイヤーの記事を元に、増やすリソースの順番と、試合の勝ち負けに直結するリソースのランキングなどを次回紹介していきます!

もしこの記事のいいねが多かったらよりわかりやすく動画にして投稿も考えてます!

そしてこの記事に対する反論や質問などのコメントもありましたらぜひ!
                   →次の記事
更新日時:2018/12/06 21:52
(作成日時:2018/11/30 00:35)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア