108

後折り勉強メモ3

by
charon
charon

続き。
目次:
  5.abacadツモについて
  6.右折りGTRの時、6縦する理由

[abac型]
5.abacadツモについて
このツモは割と高い確率で来るのに
弥生へ向けて突っ走るなら緑下にして4縦ですが…すごく厳しそうなイメージです。青緑見えてても組みたくない。
現実的には45ちぎり・6縦(赤下)・6縦(緑下)のどれかだと思います。

(abacadツモのさばき方)

ネクストによって、このパターンを選択していくのがいいと思います。
(1)45ちぎり:ネクストが青ゾロの場合は、これがいいと思います。
ここから左折りの新GTRや不機嫌GTRを狙います。
(2)6縦(赤下):ネクストが赤ゾロ・赤青・赤黄の場合は、これがいいと思います。その後、ネクストを次のように置いてます。
赤青の場合が不機嫌確定になりますが…まぁ3列目2段目のつなぎを青にも黄色にもできるので、そこまで悪くないと思います。

(3)6縦(緑下):上以外の場合はだいたいこれで何とかなります。緑ゾロ・赤緑・黄青・青緑・黄緑は、こんな感じに置くといいと思います。
ただし、上記で取り上げられていないツモが一つあります。それが、黄ゾロです。。。これどうするんだろ。
案としては、34横置き→1縦置きでだぁ積み狙いでしょうか?現在調べている最中です。

[全般]
6.右折りGTRの時、6縦する理由(※半分以上、ようかんさんの講座(*1)からのパク…いや、参考にしました。批判があれば消します。)
後折りGTRを作ろうとするとき、よく次のようなネクストは、6縦から作り始めます。
 こうするのには、いくつか理由があります。一つは、ちぎりやすいことです。5列目を後回しにすることで、5列目に1個ぷよを落とすとき、左にも右にもちぎれます。また、5縦だとまだ5列目の上に緑を置くことが確定なので、6列目に何か入れたくてもちぎれません。
また、赤と異色の組み合わせが確定で裁けるのも6縦の場合だけ。5縦では無理です。(一応無理やり6縦して鍵詰みみたいにもできますが…)

 さらに、他にも5列目にいれるぷよのうけが広くなっているという点があります。具体的には、緑黄や緑青も無理やり5縦して不機嫌の形に持ち込むことができます。特に、黄緑→赤赤ときているなら、これでさばくと形がよくなります。
もっと言うと、実は頑張れば赤青とか赤黄も入れられます。

(赤青・赤黄を無理やり5縦。赤緑がきーぷよになる。)
あくまで妥協形なので積極的に作るわけではありませんが…受けが広くなるのでGTR折り返しは6縦から作りましょう。


(*1)https://youtu.be/0FDkcSTvpac?t=4845 1:20:45~
余談ですが、ようかんさんは初心者にも中級者にも通じる難しい概念について、講座をyoutubeに投稿してくださています。
後折りがメインですが、先折りの人もきっと参考になります。少々長いですが…それだけ内容が濃いです。
自分はまだ頭でわかっても、実践できるのは講座の内容のうち1・2割くらいなので(合体とかまだ無理)、そのうちこの講座でやっているような高度なことができるようになりたいです。
更新日時:2018/12/06 00:17
(作成日時:2018/12/06 00:17)
カテゴリ
連鎖
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア