1143

シャドバを始めたのでぷよぷよの記事を書く

by
まきのほたる
まきのほたる
先週からシャドウバースを始めたので、ぷよぷよ記事を書く。

自分はカードゲーム経験がほぼなく、また、新しいゲームを始めるのは久しい。

ぷよぷよを知っている人への実用性は皆無の記事になる気がする。



①ルールの理解

まず遊ぶためにルールの理解が必要である。
結局シャドバのルールをなんとなく把握するのには2日程度を要した。
(進化・進化可能タイミング・先攻後攻・守護・必殺・突進・疾走 など そのへん)

チュートリアル30分程度プレイした後対人戦が開放された。


ところで、ぷよぷよをまったく知らない人がぷよぷよをプレイするに当たってどんなルール把握が必要であろうか。
(1)左から3列目に積みあがるとゲームオーバー
(2)4つ繋げると消える
(3)連鎖すると相手に「おじゃまぷよ」を降らせることができる
(4)おじゃまぷよは4つ並んでも消えない
(5)おじゃまぷよはまわりと消えるぷよとくっついていると消える
(6)おじゃまぷよを送りあうと「相殺」が発生する

基本的にはこれくらいか。
(5)は最初は戸惑うか? (今でも段差ミスるよね!)



たまに妄想することがあるのだが、漫画に出てくるようなIQ200の超天才がぷよぷよをしたら?
天才なので連鎖もすぐ組めるだろう。
現実にも、漫画のキャラのような天才がいるかもしれない。


しかし上記の(1)~(5)のルールだけでは、ぷよぷよ対戦の把握として情報が不十分である。
次に知るべきは、連鎖したときに相手に送れるおじゃまぷよの量である。


すべて4個で消えるとき その連鎖の合計
1連鎖:1個くらい
2連鎖:1段くらい
3連鎖:2段くらい
4連鎖:赤玉1個(5段)
5連鎖:赤玉2個+1段くらい(致死)
その後:1連鎖増えるごとにいっぱい増える(多くのぷよらーがこの程度の感覚だと思われる)

また、2連鎖の2連鎖目が同時消しなものは2ダブと呼ばれ、だいたい3連鎖と同威力。(3連鎖のほうがややおじゃまぷよ量が多い)
おじゃま量の詳しい話は下記リンクのぷよまつさんの記事を読んでくれ。

おじゃまぷよ算~入門編~



ルール説明で忘れていたけど追加として、

(7)全消しすると、次の1連鎖目が4連鎖とほぼ同等の威力となる


これで天才たちがぷよぷよを考察するルール説明はだいたいされただろうか。

シンプルと思わせて意外とルール多いな、ぷよぷよ。

(どれもだいたい実際にプレイするか、観戦することで自動的に理解されるものだと思う。
 ただルールを理解しようという意思をもって見ないと理解されないような気はする)



②さいしょの勝ち方

(1)初心者帯で勝とう
シャドウバースの対人戦が解禁されたので、ランクマッチ(ぷよぷよでいうレート)に入ってみるが当然のように勝てない。
ランクマッチということで基本的に初心者帯に近いプレイヤーが集まっている中でのマッチングなのだが勝てない。

自分はキャラで、比較的速攻型(らしい)の「エルフ」でプレイしてみているのだが、
現状の戦略知識・手持ちカードでは、ぷよぷよに例えるとまるで4連鎖ぶっぱのような試合運びであり、
とどめを刺しきれない展開が多い。

そう!
勝利には5連鎖(致死量)が必要なのである!


とりあえずシャドバでは1つの戦術として「バーストショット」を生成、採用した。
これはぷよぷよに例えると5連鎖並の相殺不可の攻撃である!(たぶん)
10ターン目にアンの大魔法(14連鎖相殺不可くらい。ふざけんな)を先に打たれなければ、多少勝てるようになったね!


初心者脱出の1つの目標として、挙げられるのが「5連鎖を組めるようになること」であると思う
それは、
(1)階段積みで端から端へ発火したら5連鎖である
が1つの理由だと思う。

しかし真に大事なのは下記(2)であると自分は考える
(2)5連鎖は致死量である。相手は死ぬ。

勝ちを経験するに最低限必要な連鎖が5連鎖だ。
これが大事なので初心者にはなんとしてでも5連鎖を組めるようになってもらいたいなぁと常々思う。
石川でぷよぷよ初心会なるものを行っているレンコンセァンは、
初心者会では「ぷよぷよ通」ではなく、「ぷよぷよ」を使用している(ときもある)

「ぷよぷよ」では相殺がないので、初心者でもがんばって5連鎖を打てば勝ちを確定させることができる。
ついでに初心者会へ来た人同士が5連鎖を打ち合うと熱い。
通でなくあえて「ぷよぷよ」を使用するのは画期的(?)で素晴らしいと思う。


ゲームは目標を達成したとき、
ぷよぷよでいえば勝ったとき、
さらにいえば自力で勝ちを手に入れたときが一番楽しいと感じると思う。

ぷよぷよも5連鎖をうって勝利したときに初めて楽しいと感じることができる頃じゃないだろうか。
アドレナリン分泌!



③調べる

ところで残念ながら5連鎖を組めるだけでは
対人戦に勝利することはできない。

初心者帯を脱し、初級者と戦い勝つにはどうすればよいのか、
調べる。

攻略記事を読む。
必要なカード構成を分析する。


少しカードゲームを触ってみて思ったのが、
1デッキ40枚のカード構成が、ぷよぷよの土台に当たる。
これがクソだと勝負にならない。
その後実際にゲームが始まっての駆け引き(埋められないようにする。本線を打っちゃう)である気がする。



ぷよぷよ通は5連鎖を打てた次に覚えたことが、人によってバラバラな気がする。
(1)はさみこみ、カギ積みを覚えた人
(2)階段積みの折り返しを覚えた人
(3)先折りGTRを覚えはじめた人

ちなみに自分は(1)→(2)→かなり間があいて→(3)の順だった。

5連鎖をできるようになった次の目標が8連鎖とかになるのかね。
それけっこう遠くないかと常々思う。しかしその間に適当な目標が見当たらない。


シャドバで8連鎖級の攻撃ができるようになりたいと思う。
という感じで今回の日記は終わり

 
更新日時:2019/02/02 22:51
(作成日時:2019/02/02 22:49)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア