955

まもるとぷよぷよ1(小学生編)

by
まもる
まもる
「ぷよぷよ通 アーケード」の画像検索結果
始まりは意外にもぷよぷよ通アーケードでした。 

当時、小学生だった僕の隣町の本屋にアーケードゲームが4台くらいあって
そのうちの一つが『ぷよぷよ通』でした。 
アルルの可愛さとかが気になったけど1プレイ100円は高すぎる… 
2~3回やっただけで、当然家庭用を探すことにする。 


この本屋のゲームコーナーで『スーファミのぷよぷよ通リミックス』を発見するも、 
値段は7,000円。当時の小遣いが月1,000~1,500円でお年玉などの 
小遣い以外のお金はほぼない。と言えばどのくらい厳しいか分かるかな。 
しかし、どうしても欲しくてコツコツ貯めていたお金を使って購入。 
その日に友達を呼んで100戦以上したのを今でも覚えてるなぁ。 


それから一人でCPUと対戦。なんとか上手くなろうと思い辿り着いたのが『カエル積み』 
一応、同じ色をつけようという意識はあったので、 
真似してくる初心者の友達にもほとんど負けなかった。 

「階段積み」の画像検索結果
そんななか、ある日友達と対戦。ふみ(仮名)としておこうか。 
ふみは階段積みができて、カエル積みの僕をぼこぼこにしてきた。 
僕も悔しくて階段で5連鎖が打てるようになる。 
ちょっとでも違う形を嫌って、完全に型どおりの「純正階段」を使っていた。 
ふみは尾の部分を少し崩して、ときには5ダブや6連鎖を打つ「変則階段」だった 
先に打ったほうが勝ちって感じで勝率的には五分五分でした。 

しかし、ときが進むにつれてスーファミからプレステに移行。 
ぷよ通はたまにやるゲーム…程度になり次第にやらなくなっていた。 



まもるとぷよぷよ2(リア充編)に続く… https://puyo-camp.jp/posts/77089

※過去にmixiに投稿したものを少々修正した記事です
更新日時:2021/04/04 22:09
(作成日時:2019/03/05 02:15)
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア