701

プロゲーマーとは(プロじゃない俺の勝手な見解)

by
まいとん
まいとん
あ、タイトルがまじめ。

今回は普段書いてる燃えそうな投降ではなく本当にまじめな投稿かもしれない。
先日「プロゲーマーになって何がしたいの?」的なツイートを見かけて3~4時間考えた俺なりの答えを書き連ねます。

普段スマホで投稿してるけどPCで書くぐらい本気で書いてます。
ぷよキャンなのでぷよプロに視点を当てて書いていますがどのゲームにも言えることです。



ここから本編

さて、まずプロゲーマーの「プロ」とは

------------------------------------------------------------------------------------------------------
プロフェッショナル (英: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、
まずは形容詞的用法が根底にあり、
  • (元々の意味)「professionに関連する」あるいは「professionに属する」という意味である。
なおprofessionとは、賃金を支払われるなりわい(=職業)のことであるが、その中でもとくにトレーニングを要し何らかの資格を要するようななりわいを指す。つまりprofessionとは、一般に「専門的な仕事」と表現されるもののことである。)
    • 「職業的な人にふさわしい」という意味で、能力が高く、技に優れ、(その仕事に)確かさがある、ということ。
  • (アマチュアとは異なって)「主たる収入を得るために特定の分野に従事している(人)」
※Wikipedia参照
------------------------------------------------------------------------------------------------------

ということです。
すごくシンプルに言うなら仕事。コンビニのバイトも言ってしまえばプロ店員ということ。違和感は半端ないけど極端な話ね。仕事ってなったとき賃金が発生する。サラリーマンなら月給、バイトなら自給で発生する。

プロゲーマーの主な収入源はスポンサー料。(ここは物議があるから濁すけど大体月収と考えてください。)
※ほかにもイベントの実況解説などのギャランティーがあります。人によっては事務所マネジメント契約のうんたらかんたら(濁したので察して)あ、もちろん賞金も収入です。


まあとにかくぷよぷよのプロゲーマーは「ぷよぷよをすることによってお金が入る
もっと正確には「ぷよぷよをすることによってその時に着用しているシャツにある企業ロゴの宣伝になるのでお金が入る」プロ野球のユニフォームと同じだね。わかる人にはタイバニ。

では、次にどうやったらプロになれるのか
答えは単純に強くなること
まあ、それ以外にもボクシングならプロテストがあるようにぷよぷよにもぷよカップというのがあってそこでプロ入りのチャンスがある。だからそこを目指して戦う。だから強くなければならない

もちろん特例もあるけどここでは書かない。

さて、ここまでプロについて書いてみたけど俺にもわからないことは多い。(実際プロにならないとわからないことがあるから・・・)


では、ここからは話を変えて「プロになったらやること」について考えてみよう。
基本的にそのゲームがうまくならないといけないので毎日そのゲームをプレイします。
スポーツでも1日サボったら取り戻すのに3日かかると言われています。
それがプロです。

簡単に聞こえるだろうけど実際皆さん毎日ぷよぷよするとき何時間遊んでますか?
これは人によって絶対違うとは思いますけど自分は長くても2時間ぐらいです。
でも、サラリーマンだったら朝8時から夕方5時までの休憩除いて8時間働いています。(残業はいったん放置)
そうなるとやはりぷよぷよだけを毎日8時間やるというのが仕事なのではないかなと思います。(
個人の意見

もちろん今やってる仕事と並行してやるとしたら多少減ると思いますが少なくとも毎日5時間はぷよぷよをやらないとプロにはなれないと思っています。

毎日5時間。1日サボったら3日で20時間やって取り戻すという生活になります。いや、本当にすごい生活になるわ・・・

もちろんそのためには基礎的な資金が必要バイトならぷよ練習のために時間を空けられるようシフトを減らさないといけない。
それでも生活に困らない資金が必要になる。

ここで蛇足かもしれませんが自分の月にかかるお金をざっくり計算したものを用意してみました。
家賃5万円
光熱費1万円
食費1.5万円
携帯、ネット回線代1.5万円
イベント交通費参加費+生活用品2万円
で少なくとも11万円は毎月必要です。
多少息抜きを考えるともう少し余裕が必要ですね。15万円は最低でも用意したほうが安全ですね。

自分で書いてて恐ろしくなってきたけどそれを稼ぎながらぷよぷよをするんです。
それだけぷよぷよが好きじゃないとできないんです。
だから
プロなんです。
作成日時:2019/08/31 19:33
カテゴリ
日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア