654

今の自分が現在見えてるぷよぷよの範囲

by
mattyan0301314
プロ
プロ
mattyan0301314
殴り書きです。ご了承ください。

・ぷよ量意識
→ぷよ量不利の場合はぷよ量が有利になるように立ち回る。
→飽和有利はおまけ程度。
→有利になるには副砲合戦で使いすぎないぐらいにお邪魔を送る。また、高く組んだ上でそこで副砲を用意して打つか

・飛び
→飛びやすい形で良いものと悪いものがある
→深いところや消えるタイミングがとても離れた3連結+別のところの同色は悪い。それ故のリカバリーもなかなか出来ない
→逆に近いものは良い。戦略の幅が広がる。
→1個置くだけも良い。対応手では楽

・連鎖尾
→頭の中でイメージ
→鶴亀から入るか潜り込みで繋げるか
→最終的には消えればいいぐらいになる
→連鎖尾を崩した対応をすると連鎖尾が組めない

多重折り返し
→基本的にはキーぷよから伸ばす
→遠い形はやめたほうがいい。事故る
→遠い形の組むタイミングがわからない

対応
→基本的には減らす意識はダメ。ぷよ量不利になりがち
→受けは戦略の幅が狭まる。どう増やすか。
→飛ばし対応は打ってから置かないと見切られる可能性がある。
→出来れば多連結・同時消し・クイック
→相手のハチイチはネクネクまで見て注意
→残し意識は出来ると有利

仕掛け
→ネクネクまで注意せよ
→相手の手の幅を見極めろ
→クイックが優秀
→カウンターは仕掛けるな
→ハチイチ発火は意識

セカンド
→カウンターは場合によって意識するべき
→ちぎりは最低。でも形もだいじ
→高くしろ。
→多数発火で事故防止

伸ばし
→安全を目指す

速攻
→形は見る
→無理なら打つな
→ネクネクまで見とけ

乱戦
→ぷよ量意識に注意しろ
→仕掛けるタイミングを誤るな
→単発連携はゴリ押し

中盤
→ぷよ量意識は忘れるな。仕掛け過ぎで気づかぬ間に使いすぎになる。

高い受けやカウンター
→即本線は状況次第。
→空きスペースは考えるべき

連携
→極力小さくから大きく
→ぷよ量不利になりがち。

追い討ち
→崩しや飛ばしが基本
→受けには注意

凝視
→戦術の基本でこれがないと話にならない。最重要の一つ

連鎖
→知識。凝視に同様

​​​



​​​​​​
​​​​​​
​​​​​
​​​​​​
更新日時:2018/11/18 05:57
(作成日時:2018/11/18 05:57)
カテゴリ
上級者向け
コメント( 1 )
ゆーふぉ
ゆーふぉ
2018年11月25日 16時51分

自分も意識しなければならないことが分かって参考になります!
ありがとうございます!

コメントするにはログインが必要です
シェア