120

第3回タカラ島配信会 & ぷよスポAC対戦会   開催報告。 🦀

by
横えび
横えび
 日々の連鎖活動おつかれ様です。なごやんの横えびです。
 去る9月13日に開催しました、第3回GAMEタカラ島可児店ぷよスポ配信会 & 多店舗合同企画ぷよスポAC対戦会(長!)開催報告を書きます。(初回配信会報告第2回配信会報告


・レギュレーション
 配信日時 : 2020年9月13日(日)15時40分~20時頃
 開催場所 : 全国のぷよスポAC稼働店舗
 使用機種 : ぷよぷよeスポーツアーケード ぷよぷよ通全国対戦
 その他  : GAMEタカラ島可児店(横えび)アカウントは、対戦直後の再戦なし


・参加者一覧(参戦店舗別、Aimeカード所持勢のみ記載。
      「私もいたよー」という方、おられましたらご一報ください)

ラウンドワン札幌すすきの店(北海道札幌市)
 ミカエル

アミューズメントジャムジャムつくば店(茨城県つくば市 当日報告
 お茶県, keffy, のあ

GAME BOX.Q3(名古屋市中村区)
 あいな

GAMEタカラ島 可児店(岐阜県可児市 配信アーカイブ
 横えび, RYO

ゲームポイントシャトーEX(大阪市都島区)
 けい1

タイトーFステーションヨドバシ博多店(福岡市博多区)
 めと@ぷよ9連

店舗不明(求む情報!)
 TAZZ, ファーブル


 前2回は小職の把握する限り本州限定でしたが、今回は北海道から九州まで幅広くご参戦いただきました。(お客様の中に四国勢の方はいらっしゃいませんか?あと沖縄県に稼働店舗がないのは何故なのか!)



・土曜前哨戦
 7月配信時はぶっつけ本番で大敗を喫した反省から、今回は調整も兼ねて12日(土)もタカラ島ぷよスポを。多少負けてもやむなしと思っておりましたが、普段組まない先折りGTR練習と割り切ったのが好作用したのかまさかの全勝&レーティング急上昇。必敗局面もオール逆転勝ち(対戦相手が勝手に転んでしまった?)のおまけ付きでした。なんでだろと訝しみつつアキバセガ時代以来15年ぶりにぷよぷよフィーバー参戦、こちらは全勝とはいかなかったもののやはり実力以上に勝ちを拾ってしまいました。(ぷよF基礎知識ナシのため全試合アルル固定でしたが、2個ぷよオンリーでも結構戦えるのでしょうか?どなたか詳しい方ー!)
 火~金曜日は動画を少し見たのみで練習らしい練習はしていなかったため、狐につままれた気分で当日を迎えることになります。






















・配信当日,レート配りおぢさん爆誕
 実施直前はまさかのレーティング全国3位という小職の実力では考えられない好位置(ズルはしてませんよ!)、うっかりAimeカードを忘れたことにしてさすらい参戦を思い付ここからどこまでボコられるんだろとフェイスガードを装着しつつ内心ビクビクもの。店舗機材アクシデントで予定より40分ほど遅れて配信スタート、予想はしていたものののここからがタイヘンでした。
 詳細は配信アーカイブをご覧いただきたいのですが、いやもう文字通りの意味で負のスパイラル!普段なら少し負けが込むといったん離席して立て直しを図りますが、ひとり配信では両替やトイレ休憩もままならず。中終盤でボロボロにされ、7月同様もしくはそれ以上の醜態をお見せしてしまいました。
 トップガチ勢諸兄の配信時は、対戦やスコアアタック中に自身と相手の連鎖フィールドとコメント欄を凝視しつつ適度に雑談を混ぜながら随時無慈悲連鎖を繰り出しまくっておられます。凡人の小職としましては、千手観音や聖徳太子じゃあるまいしなんであんなことできるのだろうと思わずにはいられません。
 名前あり参戦者が前回よりやや少数だったのは、小職のキャパから考えると正直ありがたかったです。また、前回参戦できなかった関西ぷよぷよ道場(けい1老師)と初めてネット対戦できたのは、四半世紀来の対戦仲魔として感慨無量でした。しかしコロナウイルス休止中の各拠点が今後復活すると参戦者増も予想され、このままでは今回以上にボコられる悪寒は禁じ得ず。現地ガチ勢がもうひとりかふたりおられれば
(チラッチラッ)だいぶ違うのではとも思えるのですが、ううーん・・


 そんなこんなで今回もいろいろありましたが、参加者&視聴者の皆さまおつかれ様でした。来月以降も、月イチペースで日曜夕方~夜に開催したいと思っております。が!一部ガチ勢にとって9月以前(GⅡまたはGⅢ戦)と10月以降(ほぼ毎週GⅠ競走)では、週末の重みに違いがありまして。すなわち10月はスプリンターズステークス&秋華賞&菊花賞、11月は天皇賞・秋エリザベス女王杯マイルチャンピオンシップジャパンカップ、12月はチャンピオンズカップ&朝日杯フューチュリティステークス&阪神ジュベナイルフィリーズ&中山大障害ホープフルステークス有馬記念東京大賞典、1月は中山京都金p(余談に続く)



(ここから先は余談)
 🏇アイスストーム号&武豊コンビ、続報でございます。(前回報告はこちら
 6月エプソムカップで大敗を喫したアイスストーム陣営。秋競馬頂上決戦、古馬府中戦線(毎日王冠天皇賞・秋ジャパンカップ)へ乗り込むラストチャンスとなった9月6日(日)、新潟競馬場で開催された新潟記念GⅢに参戦しました。
 アイスストームを現地応援したかった小職ですが無観客開催の影響で当時のJRA競馬場は函館もしくは福島競馬場しか開いていなかったため、前日の9月5日はBOX.Q3にて閉店近くまで対戦し岐阜下宿で徹夜待機、翌朝始発で福島競馬場へ直行。ところが主戦の武豊騎手はこの日アイスストームには騎乗せず、新潟ではなく小倉競馬に参戦。小職は東北新幹線内でスポーツ報知を読むまでそのことを知らなかったのでございますが、日帰り割引往復券を買ってしまった手前引き返すわけにもいかず進撃継続、10時30分頃現地着。馬券購入は1日1レース単勝千円のみと決めている(あんなの当たるワケないだろ!)小職としましては迷うところでございましたが、財布全消し覚悟で小倉2歳ステークス&新潟記念の両メイン競走を千円ずつ購入いたしました。
 感染対策厳戒態勢 & 場内販売は勝馬投票券と競馬新聞のみ & 入場可能スペースは1階ロビーのみ & レース中継なし & 14時閉鎖(メインレース出走は15時30分頃) & 西日本は台風絶賛接近と芝リプレイもとい縛りプレイ中だったため、寄り道はせず早々に岐阜撤収。小倉メインは武豊&メイケイエール号が見事勝利(単勝6.3倍バンザーイ!)を飾ったのに対し、新潟アイスストームは前走同様いいところなく12着、秋参戦に暗雲立ち込める結果となりました。6月大敗で人気を落としていたこともあり単勝35.9倍、勝てば交通費回収プラスアルファでございましたが現実は厳しい!


更新日時:2020/09/15 23:58
(作成日時:2020/09/15 00:01)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア